2019年03月一覧

映画『グラディエーター』あらすじ、作品情報

あらすじ

ネルウァ=アントニヌス朝のローマ帝国。

マキシマス・デシムス・メレディウスは、ゲルマニア遠征で、蛮族との決戦

ローマ軍から遣わされた使者が斬首され、その首が晒されの戦闘が始まる。

ローマ帝国軍は東方属州からの弓兵隊や工兵隊のカタパルトを駆使して森林地帯に潜むゲルマニア軍に砲撃

軍団兵は苦戦を強いられる

マキシマスは蛮族を背後から強襲して敵将を討ち取り勝利

皇帝アウレリウスは帝国の崩壊が近い事を悟る

賢帝と名高いアウレリウスはマキシマスの勇敢かつ無欲な部分を気に入っていた。

ローマを根本的に立て直すには、民衆が貴族と同等に政治を行っていた共和政へ戻す必要がある

マキシマスに帝位を譲ることが最良

コモドゥスは、父の愛情が自身に向けられていない事を不安に感じ

アウレリウスはマキシマスを自らの天幕に呼び寄せ、戦いの愚かさについて説く。

マキシマスは「帝位を継ぐ気でいるコモドゥスはどうなるのか」と尋ねるが、アウレリウスは「君主の器ではない」と一蹴

登場人物

マキシマス・デシマス・メレディウス:ラッセル・クロウ

ルキウス・アウレリウス・コモドゥス:ホアキン・フェニックス

ルシッラ:コニー・ニールセン

ルキウス・ウェルス:スペンサー・トリート・クラーク

マルクス・アウレリウス:リチャード・ハリス

クィントゥス:トーマス・アラナ

グラックス議員:デレク・ジャコビ

ガイウス議員:ジョン・シュラプネル

ファルコ議員:デヴィッド・スコフィールド

シセロ:トミー・フラナガン

作品情報

タイトル:グラディエーター

原題:GLADIATOR

製作年度:2000年

上映時間:155分

製作国:アメリカ

ジャンル:アクション、アドベンチャー

監督:リドリー・スコット

製作総指揮:ローリー・マクドナルド、ウォルター・F・パークス

脚本:デヴィッド・フランゾーニ、ジョン・ローガン、ウィリアム・ニコルソン

音楽:ハンス・ジマー


映画『メッセージ』あらすじ・作品情報

あらすじ

言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)、物理学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)、アメリカ軍大佐のウェバー(フォレスト・ウィテカー)たちが調査を始める。

2体の地球外生命体(「ヘプタポッド」)の飛来の目的を探る

墨を吹き付けたようにして描かれるヘプタポッドの文字言語の解読

ルイーズは病で死ぬ娘とその母としての自分が登場する光景のフラッシュバックに

人類に「武器=道具」を与えるために地球に来た』と解釈の出来る返答があった。

ヘプタポッドとの戦争の準備を始めてしまう。

ルイーズとイアンは慌ててヘプタポッドと再度対面に向かうが、異星人を脅威と見なした一部将校が、宇宙船に爆弾を仕込

異星人の重力コントロールで助かったルイーズとイアンは『世界中の協力により、人類にヘプタポッドの何かがもたらせる』と解読する

ヘプタポッドとの戦争が始まる寸前になっていた。

ルイーズは上空から落とされたカプセル状のものに乗り、一人円盤に乗り込んだ。

彼らは3000年後に人類から助けられるため、贈り物

ルイーズはヘプタポッドが時間を超越していること、フラッシュバックしていたのは自分の未来であることも知る。

ルイーズはヘプタポッドの言語を学ぶ

ルイーズは中国軍のシャン上将に電話して説得を試みる。

プタポッドの宇宙船は煙のように次々と空に消えていった。

ルイーズはヘプタポッドが去った後、パーティー会場でシャン上将と初対面し、彼の説得に必要な携帯電話の番号と妻のメッセージを得る

受賞歴

アカデミー賞 第89回(2016年)

音響賞(編集)

 

作品情報

タイトル

メッセージ

原題

ARRIVAL

製作年度

2016年

上映時間

116分

製作国

アメリカ

ジャンル

SF

ドラマ

監督

ドゥニ・ヴィルヌーヴ

製作総指揮

スタン・ヴロドコウスキー

エリック・ハイセラー

ダン・コーエン

カレン・ランダー

トーリー・メッツガー

ミラン・ポペルカ

原作

テッド・チャン

脚本

エリック・ハイセラー

音楽

ヨハン・ヨハンソン

 


映画『進撃の巨人』あらすじ・作品情報

作品情報

タイトル

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

原題

ATTACK ON TITAN

製作年度

2015年

上映時間

98分

製作国

日本

ジャンル

アクション

アドベンチャー

ホラー

監督

樋口真嗣

原作

諫山創

脚本

渡辺雄介

町山智浩

音楽

鷺巣詩郎

登場人物

ハンジ(石原さとみ)

調査兵団の分隊長。巨人の事を研究している。原作同様、変態キャラ。

シキシマ(長谷川博己)

調査兵団の隊長。映画版のオリジナルキャラ。対巨人戦において無類の強さを誇る。

エレン(三浦春馬)

物語の主人公。ミカサとアルミンとは幼馴染。幼いころに父親から何かしらを施され、特殊な能力を持つ。

ミカサ(水原希子)

エレンとアルミンの幼馴染。巨人に殺されたと思われていたが助かっており、調査兵団の班長となって帰ってくる。

アルミン(本郷奏多)

エレンとミカサの幼馴染。冷静な判断力と作戦を練る力に長けている。

サシャ(桜庭ななみ)

調査兵団の仲間。食いしん坊。

ジャン(三浦貴大)

調査兵団の仲間。何かとエレンと衝突する。

あらすじ

100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。エレン(三浦春馬)やミカサ(水原希子)もそんな中の一人だった。そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまう。

おすすめ記事


ドラマ『電影少女』ネタバレ感想

あらすじ

ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太の空き家で一人暮らしを始める。学校では同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いているが、奈々美は翔の親友・智章に好意を抱くという一方通行状態。そんな折、翔は家でテープが入ったままの壊れたビデオデッキを発見。デッキを直し再生すると“ビデオガール・天野アイ”(西野七瀬)と名乗る女の子が画面から飛び出してきて…!?ビデオガール・アイと翔の3か月に及ぶ奇妙な共同生活が始まる!

 

登場人物

天野アイ

演:西野七瀬(乃木坂46)

ビデオの中から現れた少女。

自分の事を、再生した人を慰める『電影少女(ビデオガール)』だと言う。

全開再生された25年前(1990年代)から記憶が止まっており、2018年の流行やガジェットなどについていけず興味を持つ。

自分のことを「俺」と言う。

弄内翔

演:野村周平

25年前にアイのビデオを再生した弄内洋太の甥っ子。

偶然見つけたビデオデッキを再生してアイを出現させる。

柴原奈々美と古谷智章とともにアニメーション制作を行っていて、キャラクターデザインを担当する。

奈々美に片思い中で、アイの協力を得て恋を成就させようとするが、その気持は徐々に…アイに……

柴原奈々美

演:飯豊まりえ

弄内翔の同級生。

アニメーション制作でシナリオを担当する。

古谷智章に片思いをしていて、彼のそばにいたいから、このアニメ制作に参加している。

ちなみに、翔の気持ちには気づいていない。

結果的に智章と結ばれることになるが、諸々の事件等があり関係はギクシャクしたものに…

古矢智章

演:清水尋也

弄内翔の幼馴染で同級生。

アニメーション制作でプロデューサー兼ディレクターを担当する。

翔の気持ちを知っていて、翔と奈々美をくっつけるために何かと翔をけしかける。

しかし、奈々美の気持ちにも気付いており、翔のためにあえて気づかないふりをしていた…が、しびれを切らした奈々美に告られて付き合うことに。

アニメ制作では清水というアニメプロデューサーとの繋がりを持っており、清水に何かと相談を持ちかける…が、体よく利用され最悪の結果を招くことに…

大宮リカ

演:大友花恋

翔の中学時代の後輩。

翔に片思いをしていて、何かと翔の世話を焼こうとする。

アイが行方不明になり、翔が落ち込んで家に閉じこもりがちになった時は、朝晩と食事を作りに来るなど積極的にアプローチする。

弄内洋太

演:戸次重幸

翔の叔父。

25年目、アイを再生した人。

漫画版『電影少女』の主人公。

清水浩司

演:村上淳

アニメプロデューサー。

智章と知り合いで、アニメ制作について相談にのっている。

翔が描いたキャラデザイン(アイがモデル)を見て、アイだと分かる程、アイのことを知っているよう。

とある事故(ビデオデッキの故障)で記憶を無くしたアイと、翔達が作ったアニメーションを利用して、アイをアイドルとして売り出そうとする。

 

ドラマ『電影少女』見どころ

ドラマ『電影少女』は漫画の終わりから25年後の世界を描いています。

原作は桂正和さん。週刊少年ジャンプで連載されていました。

漫画の主人公は高校生の弄内洋太。

彼は自分が好きな相手が、自分の親友を好きなことを知り傷ついてしまいます。そんなとき、不思議なレンタルビデオショップ「GOKURAKU」が目の前にあらわれます。

GOKURAKUで借りたビデオを再生すると美少女が画面から飛び出してきます。それが電影少女(ビデオガール)天野アイだったのです。

 

番組概要

タイトル

土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』

放送局

テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)

放送時期

2018年1月13日(土)深夜0時20分スタート 毎週土曜深夜0時20分

原作

桂正和『電影少女』<集英社文庫(コミック版)>

出演

西野七瀬(乃木坂46) 野村周平 飯豊まりえ 清水尋也 大友花恋 ・ 村上淳 戸次重幸

主題歌

tofubeats「ふめつのこころ」(unBORDE)

音楽

tofubeats

<参加アーティスト>

tofubeats / パソコン音楽クラブ / in the blue shirt /

ゆnovation /ドーナッツ 梶 / 本田たくと / Le Makeup

脚本

喜安浩平 山田能龍 真壁幸紀 室岡ヨシミコ

監督

関和亮 真壁幸紀 桑島憲司

チーフプロデューサー

浅野太(テレビ東京)

プロデューサー

五箇公貴(テレビ東京) 倉地雄大(テレビ東京) 巣立恭平

制作

テレビ東京 ROBOT

製作著作

『電影少女 2018』製作委員会