映画『メッセージ』あらすじ・作品情報

あらすじ

言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)、物理学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)、アメリカ軍大佐のウェバー(フォレスト・ウィテカー)たちが調査を始める。

2体の地球外生命体(「ヘプタポッド」)の飛来の目的を探る

墨を吹き付けたようにして描かれるヘプタポッドの文字言語の解読

ルイーズは病で死ぬ娘とその母としての自分が登場する光景のフラッシュバックに

人類に「武器=道具」を与えるために地球に来た』と解釈の出来る返答があった。

ヘプタポッドとの戦争の準備を始めてしまう。

ルイーズとイアンは慌ててヘプタポッドと再度対面に向かうが、異星人を脅威と見なした一部将校が、宇宙船に爆弾を仕込

異星人の重力コントロールで助かったルイーズとイアンは『世界中の協力により、人類にヘプタポッドの何かがもたらせる』と解読する

ヘプタポッドとの戦争が始まる寸前になっていた。

ルイーズは上空から落とされたカプセル状のものに乗り、一人円盤に乗り込んだ。

彼らは3000年後に人類から助けられるため、贈り物

ルイーズはヘプタポッドが時間を超越していること、フラッシュバックしていたのは自分の未来であることも知る。

ルイーズはヘプタポッドの言語を学ぶ

ルイーズは中国軍のシャン上将に電話して説得を試みる。

プタポッドの宇宙船は煙のように次々と空に消えていった。

ルイーズはヘプタポッドが去った後、パーティー会場でシャン上将と初対面し、彼の説得に必要な携帯電話の番号と妻のメッセージを得る

受賞歴

アカデミー賞 第89回(2016年)

音響賞(編集)

作品情報

タイトル

メッセージ

原題

ARRIVAL

製作年度

2016年

上映時間

116分

製作国

アメリカ

ジャンル

SF

ドラマ

監督

ドゥニ・ヴィルヌーヴ

製作総指揮

スタン・ヴロドコウスキー

エリック・ハイセラー

ダン・コーエン

カレン・ランダー

トーリー・メッツガー

ミラン・ポペルカ

原作

テッド・チャン

脚本

エリック・ハイセラー

音楽

ヨハン・ヨハンソン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする